読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に関するモノ

嫌いな事はググるに限るという話

人によって嫌いなものって色々あるよね。 僕は満員電車と・・・雨が嫌いです。 先日は大雨のジメジメした天気の中、朝のJRに揉まれてそれはそれは憂鬱でした。普段も混んでるっちゃ混んでるけど、更に傘と傘から滴る水滴のオンパレード。 流石にもぅマヂ無理…

「慣れ」って恐ろしいっすよ

「習うより慣れろ」「慣れれば平気だよ」 「慣れ」っていうのは恐ろしい。例えば、幼稚園か小学生の時に初めて補助輪無しで自転車に乗るじゃないですか。性格によるけど、ビビりな僕は不安になったんですよ。 「落ちたらどうしよう」「痛いだろうな」と。最…

10秒でイライラを鎮める方法

満員電車、真夏のスーツ。心身忙しい方にとってはことさらイライラが募る時期だと思います。 というわけで満員電車の中で思いついたイライラ解消法を伝授します。 それは、もっとイライラしている人をイメージすることです。 今日は大事な予定があって電車に…

下心の無い親切は存在するのか

暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしですか。私は29度のクーラーで過ごしております。

昔の僕と一瞬で仲良くなるたった1つの方法

「人に誇れる趣味や特技が無い」「人よりちょっと知ってるものはあるけど、オタクってほどではないかも」 多分こういう人は少なくないと思う。昔の僕はまさにそういうタイプだった。

日本のサービスの質を下げるのは無理だ

「現在の日本のサービス業のサービスの質を落とすべき」という論調は良く耳にすると思います。 正直なところ、若干懐疑的ではあるけど、僕は可能なら賛成です。

【不安を逆手に取る】あえて極限までハードルを高める思考法

2月5日に行って以来、約2ヶ月ぶりに派遣の仕事に行きました。 正直、久しく仕事をしていなかったので、テキパキできるか、責任者と話せるか色々不安がありました。

不謹慎かどうか、周りの反応で決めているだけじゃない?

前回の記事の続き的なもの

これからの猫背の話をしよう 出会い×原因×治し方

「幼少期からの腐れ縁を一人上げてください」と言われたら、僕は猫背と答える。 PC作業に没頭しすぎたせいか、猫背が目立ってきた。そんなことを思いつつ、図書館でこんな本を借りてみた。とても大切なことが書かれていた。 ねこ背が治って心も体も強くなる!…

良くも悪くも真面目な社会になってしまった

現代は良くも悪くも真面目な社会になったと思う。 大多数が害悪だとか・言葉にならない嫌悪感を感じたら、それに対して容赦しない。 ターゲットが降伏するまで攻撃を止めない。よしんば降伏したとしても、謝罪の言葉が気に食わなければ更に攻撃はエスカレー…

為末大さんの「競争と助け合い」を読んで

競争と助け合い | 為末大・侍オフィシャルサイト 元陸上選手の為末大のブログが凄い。一字一句に、選手として、そして為末大という人間としての想いが書かれている。 全てを読み終えたわけではないけれど、最新記事の「競争と助け合い」に心打たれる。

【辛さは分かりません】大震災を経験してない自分が今になって思うこと

今日は3月11日、4年前の今日にかの東日本大震災が起こりました。 今日で震災から4年も経ったかと思うと時の流れの早さを感じずにはいられない。そんなことを考えながら書いてます。

謝ったら死んじゃう賢い大人に気をつけろ

以前「謝ったら死ぬ病」に関する記事を書きました。それから一週間もしないうちにタイムリーに典型的な人物が現れてしまいました。 哲学を修めたジャイアンこと芦田宏直という方です。ちなみにジャイアンというのは蔑称ではなく、彼のTwitterIDです。(何故…

「他人のせいにするな」は間違い。心の為にはした方が良いときもある

[今だけ無料]なぜ、より豊かな人ほど「自殺」するのか?|0ベース思考――どんな難問もシンプルに解決できる|スティーヴン・レヴィット/スティーヴン・ダブナー/櫻井祐子|cakes(ケイクス) https://t.co/nrZbUN2gmX— はごろもり (@hagoromori) Februar…

「相手の立場に立つ」なんて無理だけど、2つの方法で近づくことなら出来る

「相手の立場に立って考えなさい」なんて先生に言われたことがあるだろう。 残念だけど、僕は相手の立場に立つのはほぼ不可能だと思う。 これは他人を批判するつもりとか、社会に対する諦めとかそういう意味で言っているんじゃなくて、かれこれ20年以上生…

体が強いと心に余裕が生まれる

先日、久しぶりに地元のスポーツセンターに赴き、トレーニングをしました。 中高と部活をやっていた時代はほぼ毎日運動していたんですが、年を取ってくるにつれその頻度は減ってくるものです。憶測だけど、そういうかたって結構多いんじゃないかなって思いま…

あなたもフレネミー? 私もよく嫉妬します

wikiより フレネミーは、「friend」(友)と「enemy」(敵)を組み合わせた混成語で、「友を装う敵」または「ライバルと同時に友である者」を意味する。 平たく言えば友人に対する嫉妬であり、その雰囲気の漂っている人間のことだ。 「友人が成功したのに、…

ブラック企業を2ヶ月で辞退した方のお話

「働く場所は真剣に選べ」 僕は今、派遣のアルバイトをしている。 時間に縛られず自由に働くことができるので、僕のような人間にとっては都合が良い。 この仕事を始めてから大分お金が溜まるようになったので、精神的にも安定している。 <a href="http://…

考えすぎるとステーキは冷める

子供の頃は家族との外食が苦手だった。 と言うと、それはおかしいと言われる。普段食べれない美味しい料理は食べれるし、家族で出かけるあの車の中の雰囲気が良いだろと。僕も好きだ。夜の静寂を後部座席で味わえるあのひと時は、子供時代の特権であり至福の…

〇〇な人が鬱になって自殺すると気づいてから楽になった話

頭の悪い人間は死ぬしかないのか - クソログ 頭の悪い人間は死ぬしかないのか - クソログ 頭が悪い→仕事ができない→居場所がなくなる→鬱になる 鬱になる人の中には、死を選ぶ人もいる。 仕事で悩んで死を選ぶのは、頭が悪いからや・・・ というところだろう…

心の充実は「好きなことで何かつくる」ことから始まる話

自分のような悩める人間にとってタイムリーでためになる記事があったので紹介したい。

【早起きは】朝の陽ざしを浴びてみて【心の悶々を解く】

はごろもりです。 前回、朝早く起きて活動することで、夜型人間から朝型人間になろうと決意してみました。

朝型人間になって心の健康を取り戻そう

はごろもりです。 私はどうも夜型人間な節があります。 もちろん、生涯通して夜型人間というわけではなく、環境によって大きく変わるタイプの私です。 例えば中学高校の頃は部活っ子でしたから、朝練はもちろん遠方の学校に通学するために6時には起きていま…

地味な子ほど、部活で活躍しなかった気がする

タイトル通り 中学生の頃、バドミントン部でした。今振り返ってみると、何かこの世の真理みたいなものが見えてきそうな気がする。それは、「地味で目立たなく、控えめな人ほど活躍してない」 言い換えれば、明るく活発な人ほどレギュラーで活躍していました…