読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分が正しいと思うのと、それを他人に強要するのは別問題だという話

突然ですが、ラーメンって美味しいですよね。今日は久しぶりに時間と金の余裕があったので、地元の家系ラーメンで腹を満たしてきました。 丼にドカンと乗ったこのボリューミーなラーメンに箸を向かわせ、麺から頂いた時、ふと思ったんです。 「世の中には麺…

ノブレスオブリージュでもジェラシーでもなく、やっぱり成功してほしいんだと思う【高学歴専業主婦】

seramayo.hatenablog.com 読みました。高学歴でもなく、社会的に成功もしていない若人が一言。 高学歴大卒で専業主婦なんてもったいないっていうのがどうもネガティブに捉えられているような気がする。 「税金使って名門を卒業した人間はその分社会に還元す…

テニスの試合はボールボーイ(ガール)にも注目せよ

10月もはや1/4が過ぎ、肌寒い季節な今日この頃。此度はそんな寒さを吹っ飛ばすほどの熱気溢れるシーズンでございます。 そう、テニスです。テニスオープン。行ってまいりました楽天ジャパンオープン。

吹石一恵のブラトップのCMは芸術レベル

もうこのタイミングでしか言えなそうだから言う。 吹石一恵のブラトップのCMは最高だと思う。

蚊は、どうして痒くなる。季節外れの頃なのに、未だに天気の日には刺されたりする。二の腕に違和感を覚えると、決まってアイツが止まってる。

深そうな作品を見たらとりあえず「考えさせられる」と言ってしまう

戦争映画、ピカソの絵、海外小説「正直なんかよくわからないモノ」の感想にとりあえず”考えさせられる”とか言っちゃう。

昨日の夕方に見た幽霊を冷静に分析してみた

幽霊見ました。もうなんというか、「出、出た~~~~!」というリアクションは起こらず、「あれ?幽霊ってもしかして・・・」と考えて今に至ります。

漫画やアニメを見てもバカにはならない

昔から「漫画アニメゲーム悪影響論」は、教育や娯楽界隈の終わらないテーマとして上がっている。

子供と一緒に仮面ライダーを楽しめるような父親になりたい。

結婚?なにそれ美味しいの? タイトルは願望です。そろそろそんな事も考える時期が来てるんでしょうかね(遠い目)

「頭が良い人」と「勉強ができる人」

勉強ができる人にとって、「勉強ができる=頭が良い」と思われるのが辛いという考えもある。

エアコンをつけたら「慣れ」の怖さを思い知った

7月も中盤に入り、我が家ではとうとうエアコンを付け始めました。 豪雨も過ぎ、セミの猛々しい鳴き声がが響き渡るようになり、夏を感じています。

企業って消費者の負担を肩代わりしてるんじゃないかな

よくある企業のスローガン 「お客様が快適・安心に利用できるようサービスの質を高めます!」 ってかっこいいし有難いように思えるけど、これって

物やサービスにはできる限りお金を払いたい

浪費すること、消費すること、節約すること、使わないこと、買わないこと。 「物」や「サービス」に対するアプローチは上げればキリが無いけれど、一体どれが正しいのだろうか。きっとどれも間違いではないんだろうと思う。

イベント会場でゴミをほったらかしにする人達

「なんだこのゴミの量、全部掃除したい」と思った。

「○○しないでください」という貼り紙は効果が薄いと思った話

帰り道に駐輪していた自転車を見た。ウチの地区は自転車の違法駐輪に厳しいのか、駐輪禁止エリアがそこかしこにある。案の定その自転車には警告シールが貼られていた。 ・・・貼られてたんだけど、そのシールに書いてある文面を見て 「これじゃ違法駐輪は無…

弱者の弱者叩きはマリオカートに良く似ている

恵まれている人が恵まれていない人を叩く?違うよ!という話です。

アイデンティティのために変態になる人達

「自分らしさ」を獲得するために無理をして変態キャラを演じる人達がいる。 抑圧された自分の存在意義をなんとか見出したいがために、無理をして下ネタに走る人がいる。

「不謹慎」は線引きできるものじゃない

原発「アーwwチーチwwwアーチーww 溶けてるんだ炉がwww」 世の中には数多くの不謹慎とされるネタで溢れています。いつものごとく「不謹慎だからやめろ」vs「不謹慎じゃない」の戦いが起こっている。もはや伝統芸能です。

SNSってアイコンのキャラが喋っているように見える

人はパンのみにて生きるにあらず。ネットは己のみにて生きるにあらず。 多くの場合、ネットにはアイコンという第二の自分を持って参加する。 アイコンを目にする機会が最も多いのはTwitterだと思う。何しろTwitterは有象無象、玉石混交の地獄絵図であり、今…

良くも悪くも真面目な社会になってしまった

現代は良くも悪くも真面目な社会になったと思う。 大多数が害悪だとか・言葉にならない嫌悪感を感じたら、それに対して容赦しない。 ターゲットが降伏するまで攻撃を止めない。よしんば降伏したとしても、謝罪の言葉が気に食わなければ更に攻撃はエスカレー…

「さりげなく相手を非難する言葉」を使う人は議論に向いていないと思う話

議論というのは難しい。「建設的な議論」の建設的とはなんなのだろうか。 現状をよりよくしていこうと積極的な態度でのぞむさま。「―な提案」「―に考える」 *1 辞書の意味に従うなら、建設的な議論というのは 「相手の意見を尊重し、共通の問題を解決しよう…

「謝ったら死ぬ病」を抱える賢い大人に対して僕らができそうなこと

悪いことした、間違っていたと思ったら「ごめんなさい」 おかしいな。小学校に入れば学校で、いや、入る前から親にこう躾られているもんだと思ったけど。

参加者は来年当選出来なくすればいい? 東京マラソンの抽選に関するあれこれ

おはご。今日は東京マラソン。 僕も高校時代は、校内マラソン大会に向けて毎日走ってたなぁ。今は運動も殆どしなくなったけど、やっぱ走るの好きだし、よっしゃ東京マラソン出てみよーぜ!って思って応募してみた。で、案の定落ちた。

「ネット大会」がコミュニティ形成に一役買っているという話

今日はネット上でとあるゲームの大会に出てきた。 テレビゲームっていうのは本来、主人公に感情移入したり、一人でその世界にのめりっこんだり、静かに孤独にやるものだった。 そうでなければ、地元の小規模なコミュニティ(家族や友人)と楽しむためのものだ…

子供の「何で?」に「ルールだから」と答えて良いのだろうか?

「オフサイドを教えて」 今週の週刊少年ジャンプにこんな読み切りがありました。 サッカーのルールを知らない少女が、サッカー部を引退した主人公にこう言います。 「オフサイドって何ですか?」 主人公はごく一般的な解答をします。 「ゴールキーパーより一…

牛乳の飛び込み営業をやって分かった断り文句ランキング

僕の家に初めてセールスマンが来た。 母は優しく対応していたが、ちゃんと足りている旨を説明しその場を乗り切っていた。 断り文句も難しいもんだ。営業マンっていうのは断られまくって辛くないのか? そんな僕は、今年の6月からとある営業のバイトをしてい…

もっと自分の好きなことを書きたいな

最近、社会や将来・人生のことなど比較的重い内容だったので、もっと明るい話題のテーマを書きたい今日この頃。 ブログを始めてから30記事近く書いてきたけど、確かに見返してみると社会的なテーマが多いなーって思う。 ホントはアニメとか漫画とかゲームと…

言葉に出さずに本人の生き方を否定する人が嫌い -マイルドヤンキーから草食系男子まで-

つい最近「マイルドヤンキー」の記事を見て、初めてこの言葉を知った。遅いね。 で、「マイルドヤンキーって何ぞ?」と思ったのでさっそく調べてみた。

考えすぎるとステーキは冷める

子供の頃は家族との外食が苦手だった。 と言うと、それはおかしいと言われる。普段食べれない美味しい料理は食べれるし、家族で出かけるあの車の中の雰囲気が良いだろと。僕も好きだ。夜の静寂を後部座席で味わえるあのひと時は、子供時代の特権であり至福の…

納谷六朗氏死去のニュースを見た今、仙水忍のこの台詞について考える

声優の納谷六朗さんが亡くなられた。享年82歳。 文章で書くのはあまり好きではないけど、ご冥福をお祈りします。 優しく、渋み溢れる声が気品を感じさせて好きでした。 SNSやニュースでも「園長先生」とプッシュされているあたり、クレヨンしんちゃんの園長…

【ノルマ】ブラックバイト「すき家」で働く学生の言葉が胸に刺さる【売上】

はごろもりです。 義務教育で法律を教えていれば・・・ / “すき家の奴隷アルバイトの給料計算がヤバいことになっている「1時間あたり5000円以上の売り上げがない場合、実際に労働した時間よりも短い時間でしか勤怠カウントされない」:ハ” http://t.co/N…

【自分の為で】渋谷のゴミ拾いから"ボランティア"の意味を考えてみた【良いじゃないか】

ついこの間はハロウィンでしたね。 私は東京にはいなかったのですが、どうやら渋谷では悲惨なことになっていたようです。そんなわけで、今回はボランティアについて一言 【悲報】渋谷でハロウィンのゴミを片付けた若者達を、偽善だと叩くTwitter民が出現 ・…

「日本人英語話せない論」は、50%誇って50%反省すれば良い

英語の勉強は中学から含めて人より長くやっていることもあって、 どうしても近年叫ばれている 「日本人英語出来ない理論」 について一言申したい。-色んな理由があって、どれも間違いではないけれど-①授業の大半が読み書きで、話す時間がないから?これは…

地味な子ほど、部活で活躍しなかった気がする

タイトル通り 中学生の頃、バドミントン部でした。今振り返ってみると、何かこの世の真理みたいなものが見えてきそうな気がする。それは、「地味で目立たなく、控えめな人ほど活躍してない」 言い換えれば、明るく活発な人ほどレギュラーで活躍していました…

ティッシュ配りって、「ご自由にお取りください」形式にしてみても良いんじゃ?

帰り道、ティッシュ配りに遭遇。いつもなら受け取ることもあるんですが、今日はちょっと 受け取れませんでした。というのも、バイトの方が僕の進行を遮ってぐいっと差し出して来たので、思わず拒否反応を起こしてしまいました。後から思えば、「貰っておけば…

自分の良さなんて、夏場の虫のよう

年をとってくると、将来の自分を想像して不安になってしまう私です。就職にも転職にも、まず自分の価値観・行動規範ってものがあって、 それに合った仕事を選択していくことが求められる時代だと思います。特に、雇用の流動化が激しくなってくる今後はもーっ…

人生初の営業で現実を目の当たりにして笑った話

この記事ははごろもりが6月に飛び込み営業を始めた際に書いた記事です。