【ノルマ】ブラックバイト「すき家」で働く学生の言葉が胸に刺さる【売上】

はごろもりです。

 

ブラック企業と名高い牛丼チェーンのすき家ですが、その実態は我々消費者の側からはあまりよく見えていなかったのかもしれません。かくいう私も内部調査のためにす〇家とかワ〇ミのバイトなどに潜り込んで「実際どうなん?」というのを確かめたいと思ったことがあります(結局、リスクを考えて踏みとどまりましたけど)

 

今回、記事自体は半年前のことですが、すき家の実態の一部が明らかになりました。

すき家でアルバイトをしている大学生が「なんかおかしいな?」という疑問が赤裸々に書かれています。

 

曰く、すき家にはブレイクシフトと呼ばれる制度があるとのこと。

「売り上げの悪い店舗では、時間帯ごとの売り上げが悪いと、実際に労働した時間よりも短い時間でしか勤怠表につけることができないことがあります。これは、各地域にいるブロックマネージャーと呼ばれる社員の指示でそうさせられます。」

簡単に言えば「ノルマ達成しなきゃ時給に換算しないぞ!」ってことですかね。

売り上げを増やせばちゃんと時間通りの給料が発生する・・これなんて歩合給?いや、給料が上がることが無い分歩合より酷いか。

 

と、ブラックバイトについて多少批判してきましたが・・本記事のメインはここです。↓

 

アルバイトの学生の意見の中に、個人的に全ての方に見てほしい意見がありました。

確かに従業員の接客態度の悪さが売上を落とすこともあるかもしれません。しかし、それよりも、立地条件、すき家の提供する商品の質、その日の天候など、勤務者の力の及ぶ範囲外での要因が圧倒的に占めていると思います。

「売上ノルマを達成すれば時給が出る」→「なら頑張ってノルマ達成すりゃいいじゃん」

こんな言葉が、特に上の世代の方から飛んできそうな予感がしますが・・・

 

ノルマや売上って、本人の実力や努力が100%反映されるものじゃないと思うんですよ。

この学生の言うように、その日が大雨なら客足は当然途絶えるし、駅から離れていれば人は来にくくなる、もしかしたらその日が「ベジタリアンの日」かもしれない。

様々な要因が絡み合うというのは、あらゆる仕事に当てはまるでしょう。

飲食に限らず、物を売る営業にだって言えることでしょう。その日回った地区の住民がイベントで外に出ていたり、土地柄なのか怖い人が多かったり、雷が鳴ったり・・・

それを「お前の努力が足りない」の一言で片づけられてしまうのは、なんと惨いことか。

この学生が言う「勤務者の力の及ぶ範囲外での要因」というのは言い訳でも何でもなく、

仕事をする上で必ず直面する真理を突いてるんじゃないでしょうか。

 

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

新品価格
¥464から
(2014/11/12 15:13時点)

哲学者の中島義道氏は、こういった、本人の力だけではどうにもならないものを「理不尽」と呼びました。そしてこの理不尽を否定せず、受け入れることが社会生活であると・・・

 

なんか脱線しましたが、時給支払を謳っている癖にノルマを強要するバイトは無くなって、どうぞ。