読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〇〇な人が鬱になって自殺すると気づいてから楽になった話

 


頭の悪い人間は死ぬしかないのか - クソログ

 

頭が悪い→仕事ができない→居場所がなくなる→鬱になる

鬱になる人の中には、死を選ぶ人もいる。

仕事で悩んで死を選ぶのは、頭が悪いからや・・・ というところだろうか。

「死ぬのはお前の頭が悪いからだ!甘えんな!」という世間ずれしたコメンテーターの記事ではなく、「頭の悪い人間に居場所はない」という現実に気づき始め、その残酷な社会に憂いているんだと理解した。

その通りだと思う。残酷だけど社会は頭の悪い人間を助けてくれない。学校なら補修やチューターなどのフォロー、ないしは出来ない子のペースに合わせる授業設計がある。

僕も理解が遅いせいで周りから心配されたり、足を引っ張ってしまうことがある。そんな僕を待ってくれる余裕なんてないのだ。だから頑張るしかない。悲しいけど、頑張るしかないとしか言えないのが現状。

ただ、僕は「死を選ぶ」というのは、もっと大きな理由があると思う。

 

「頭の良い人でも鬱になったり自殺したりすることもあるんですよ!!」ということでは全くない。

 

鬱になったり自殺する人は、総じて真面目な人だと思ってる。

真面目な人って、自分に降りかかる不幸を、自分ではどうにもできない理不尽とは捉えてない。「天候」「その日の気分」「体調」「景気」「相手の性格」・・・考えれば要因は沢山あるのに、多分それが見えてない。

ブーメランではないけど、昔の僕がまさにそうだった。

  • 「他人の期待に答えなきゃならない」
  • 「断ったら相手を傷つけるかもしれない」
  • 「自分はまだまだ出来ると思う」
  • 「頭が悪いのは勉強が足りないせいだ。」
  • 「今の状況が悪いのは、全て自分の責任だ」

ある意味、自己評価が高いことの裏返しだけど、自分の評価を低く見たい人間なんていないだろう。

自分の力だけで何も出来ないとは分かっていても、何とかしなきゃいけないと考えてる。

愚痴を言っても「甘えるな」と言われるのが分かっているから、ストレスがどんどん内側に溜まっていく。重みに耐えられなくなった身体は鬱になり、最後の発散手段として死を選んでしまうんだと思う。

 

じゃあどうすりゃ良いのっていうと、僕は理不尽を受け入れることだと思ってる。

もちろん、上司からの厳しい要望に耐えろとか、毎日20時間勉強しろとかそういうことじゃない。

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

新品価格
¥464から
(2014/11/21 13:25時点)

仕事でも勉強でも、人生には環境や運が絡んでいる。自分では適当にやってると思ってたのに評価されたり、寝る間も惜しんで取り組んだことが評価されなかったりする。

人はそういった「理不尽」からは逃げられない。大事なのは理不尽を受け入れることだ

 

自分ひとりで全部背負うことはせず、失敗したら適度にストレス発散し、「理不尽だなぁ まぁ次がんばろ」くらいで良いんだ。と信じて生きていきたい。