読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉に出さずに本人の生き方を否定する人が嫌い -マイルドヤンキーから草食系男子まで-

考えたこと

つい最近「マイルドヤンキー」の記事を見て、初めてこの言葉を知った。遅いね。

で、「マイルドヤンキーって何ぞ?」と思ったのでさっそく調べてみた。

 

マイルドヤンキーとは

「上京志向がなく、地元で強固な人間関係と生活基盤を構築し、地元から出たがらない若者たち」のこと。この層は、地縁を大切にする保守的な意識を持っており、「新保守層」と呼ぶこともできるとされる。

マイルドヤンキーの特徴

生まれ育った地元指向が非常に強い(パラサイト率も高い)
郊外や地方都市に在住(車社会)
内向的で、上昇指向が低い(非常に保守的)
低学歴で低収入
ITへの関心やスキルが低い
遠出を嫌い、生活も遊びも地元で済ませたい
近くにあって、なんでも揃うイオンSCは夢の国
小中学時代からの友人たちと「永遠に続く日常」を夢見る
できちゃった結婚比率も高く、子供にキラキラネームをつける傾向
喫煙率や飲酒率が高い

僕はその道の専門家でも批評家でも何でもないので、これに対して高度な反論は出来ない。ただの一般人だし、「まぁそういう人達もいるんだな」ぐらいにしか思わない。
そんな一般人の僕でも言えるのは、「なんか見下してない?」ってことだけだ。
 
以下、被害妄想と思われても仕方ないけど、見て下さると嬉しいです。

①「ヤンキー」というネガティブ表現

この言葉を見て、悪い印象を抱かない人はいないだろう。その時点でこの言葉を作った人間に悪意があるような気がしてならない。

②都会に出る=偉いという謎の風潮

「上昇志向が低い」と書かれると、まるで田舎に残ることが悪いことのように見える。
逆に、都会に出ることは上昇志向の強い、偉いことに捉えられてしまう。コレガワカラナイ
そりゃ、都会に出るか出ないかっていうのが大きな選択なのは当然だよ。
でもそれって「自分の意志」で都会に出たから偉いのであって、「周りに流された結果」とか、「親からの強制」で上京した人を「上昇志向がある」とは言えないでしょう。
マイルドヤンキー(とは呼びたくないけど)の中にも「自分の意志で地元に残る」人はいるだろうし、上京者の中にも「周りの友人が上京するし私も・・・」なんて人がいないとは限らないだろう。
都会に出るか出ないかで「上昇志向がある偉い人」を分けるのは馬鹿げた話だと思う。

③それはダメだ! と言いたいの?

低学歴低収入・内向的・ITスキルが低い・・・ 

学歴に関しては分からないけど、都会の方が田舎より仕事の種類も豊富だし、収入は都会に比べて低いのは自然でしょう。ITスキルだって、都会ほどITを使う仕事が少ないなら当然のこと。内向的・・・とは何を持って内向的なのか分からない。地元の仲間と毎回遊んでる人も内向的なのか?

この当たりの審議に関しては統計等を調べて反論することも出来るんでしょうが、本題ではないので他の方におまかせしたい。

問題なのは、低学歴だとかITスキルが低いことを否定したいだけにしか見えないところだ。

「高学歴高収入・外向的でITスキルが高い人間であることが望ましい」という、”僕の考えた最高の生き方”を押し付けたいだけに見えてしまう。

この言葉を作った人はマーケターらしい。まぁ、地元民が都会に出て収入増やすことで消費拡大を・・・なんて願いを込めて作ったのかどうかは分からないけど、新しい用語を作る以上はその言葉の影響や反応に責任を持ってほしい。
 
この手のネタに対して怒ることはしないけど、こういう
「言葉には出さないけど、お前の生き方はダメだよ」っていうのが好きじゃない。
 
昔話題になった「草食系男子」もそうだ。あれの意味には
「異性との交流を積極的に行わない、デートでもきっちり割り勘する几帳面さ・・・」なんて説明されることもあるが、そこには「男性の方からのリード・奢りは当たり前」という前提がある。
マイルドヤンキーも草食系男子も、
「特定の人達をまとめるワード」ではなく、言葉にして目立たせることでその構成員を否定する役割があるように見えてしまう。
 
うんまぁまとめると、本人が幸せならそれで良いじゃん!ってことを伝えたい。
 

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書)

新品価格
¥842から
(2014/12/4 16:13時点)