読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体が強いと心に余裕が生まれる

先日、久しぶりに地元のスポーツセンターに赴き、トレーニングをしました。

中高と部活をやっていた時代はほぼ毎日運動していたんですが、年を取ってくるにつれその頻度は減ってくるものです。憶測だけど、そういうかたって結構多いんじゃないかなって思います。大学に入っても運動部を続ける人って限られてますからね。

地元のスポーツセンターまでは家からチャリで20分ほどなんですが、長い坂を越えたあたりで既にヘトヘトでした。昔はそんなことなかったのに。

 

やったことはオーソドックスに、ランニング・腹筋背筋・ダンベル他上半身下半身の運動。

案の定部活をやっていた時代より体力も筋力も落ちていましたが、汗も沢山かけて非常に有意義なトレーニングでした。

 

ちょっとでも筋肉や体力がついたのを実感すると、なんだか自信が生まれてくる気がする。

「こんなに頑張ったんだ」っていう結果が身体に現れてるようで少し嬉しい。

ランニングマシーンでは20分走り続けるという目標を設定して、必死こいて達成した後は精神的にも自信がつく。

身体の大きさも重要だ。僕はどちらかというと背は低く筋力もあまりない細身だからか、ガタいの良い人に会うとちょっと腰が低くなってしまうことがある。でも、トレーニング後の引き締まった身体の自分を見ると、少しガタいが良くなった気がして自信が湧いてくる。

資格ちゃんねる : ニートは筋トレしろ、人生変わるぞ - livedoor Blog(ブログ)

こんなタイトルの記事もあるけど、わりと的を射てると思う。

健全な精神は健全な肉体に宿るという言葉はやはり偉大だ。

 

 

自重体幹トレ100の基本 (エイムック 2939)

新品価格
¥745から
(2014/12/8 00:38時点)