【コンセプトは『教えあう』】気軽に英語を学習したい人に、Lang-8がオススメな理由【無料】

ネットの発達のおかげで、オンラインによる学習コンテンツが一層増えた今日この頃。

そうえいば、自分も英語が好きで色んな参考書やサービスを利用してきたなー

っていうのをとあるブロガーさんの記事で思い出した。

f:id:hagoromox:20150314113839j:plain

【無料】最強のオンライン英会話学習サイトVerblingをなぜ誰もオススメしないのか - きりんの自由研究

そんなわけで、自分としても利用してきたサービスを紹介していきたい。

試しにLang-8でググってみたら、意外と紹介してる人が少なくて驚いた。

これは、是非ともLang-8を紹介せざるを得ませんね!

 

講師ではなく、リアルな外国人ユーザーに添削してもらえる

Lang-8の真髄はこの「相互添削型SNS」というサービスにあります。

自分が外国語で書いた文章が、それを母国語としてるユーザーに添削してもらえるのです。

f:id:hagoromox:20150314114417p:plain

 

 

これは僕のプロフ画面ですが、母語が日本語、学習中の言語が英語になってますね。

つまり、「僕は日本語を教えられる英語学習者だよー」ということを表明してることになるわけです。

次に友達を作ります。これも簡単に出来ます。

Lang-8の機能で、自分とは逆の「英語を教えられる日本語学習者」がリストに出るので、パパっとフレンド申請しちゃいます。

流石外国の方(偏見)と言いますか、フレンドリーな方が多いのですぐに友達になれました。こんな感じ。

f:id:hagoromox:20150314113907p:plain

 

日記感覚で書けるので全く気負わなくて良い

試しに自分が日記感覚で書いた記事を載せてみます。

f:id:hagoromox:20150314114437p:plain

 ちょっと前に風邪を引いた時の記事です。

「風邪引いたけど次の日仕事あるから治さなきゃ」っていう心境を書いたような気がします。

 

f:id:hagoromox:20150314114444p:plain

 

投稿後すぐに添削を頂きました! 赤字で書かれた部分が訂正されていますね。

大体の方が一言コメントで「何故その表現の方が適切なのか」を教えてくれるので非常にありがたかった。

自分が相手の文章を添削することで、語学学習者の輪を広げることも出来ますね。

 

こんな人にオススメ

  • 無料で、軽い気持ちで学習したいと思ってる人
  • ビジネスよりも、日常生活で使える英語を学びたい人
  • 海外交流したい人
  • 助け合いの精神が好きな人

 

Lang-8の特徴は、何と言っても「プロ」が介入しないその気軽さだと思っています。

英語を学びたいけど、スカイプオンライン英会話や語学学校は敷居が高い。。

というのは僕を含め感じている人も多いかなと思います。

Lang-8はあくまでSNSの一形態ですから、そういった意味で気負わずに出来るのが強みかなーと思います。

むしろ、「日常的な英語」を学びたい人にとっては、ネイティブ講師擁する語学学校よりも身近な存在に添削してもらえるのは強みです。

 

「添削し、添削される」という相互扶助的な精神がやる気に繋がる人にとっては続けやすい学習法かなと思います。

 

関連記事

日本人が英語を話せないたった2つの残酷な理由 - 百文は一験に如かず