【わかりやすく】ブログで硬い文章を書きがちな人に「日本語文章校正」がおススメ【カンタンに】

僕のことなんですけどね。。。今はだいぶマシなったと思いたい笑

ブログ始めの時は、良いことや意味のあることを言おうとして、ついつい難しい表現を使ってしまう「癖」がありました。

後から読み返すと「何か硬いなー」って思って萎えるときもしばしば。

例えばこれ↑ 改行しすぎ!と言いたいのもあるけど、使っている言い回しがちょっと堅苦しいかな?と思う。

そこで日本語文章校正ツール - フリーで使える表現チェック・文字校正支援Webツールに添削してもらいました。校正というとガチっぽいけど、誤字や単語の抜け等の「間違い」を直すものというよりは、「こっちの方が分かりやすいよ!」っていうのを知りたい時に使うと良いですね。

細かいけど大切なこと

なんと19個の検討箇所が見つかったんで、気になったのを抜粋してみました。

  • 1か月→1ヶ月   備考:いきなり細かいツッコミが
  • 色んな→いろいろな 備考:「色んな」はちょっと気持ち悪い?
  • 秘訣→コツ     備考:確かにコツの方が分かりやすい!
  • ①→1       備考:環境依存文字だから変えた方がいいらしい
  • 女性上司→女性「の」  備考:品詞が足りないと怒られる笑
  • 出来→でき     備考:いつも使ってたけど、確かに硬いなぁ
  • 流石→さすが    備考:わざわざ漢字にする必要もないと思った
  • 大事→大切     備考:「大ごと」と誤読される可能性があるらしい

正直、「ちょっと細かすぎない?」と始め思ったのは内緒。

ただ、普段自分が気にしなかった表現も、客観的に見ればちょっと硬かったかなって感じる。僕はずっと「できる」を「出来る」にしてたんだけど、わざわざ漢字にする意味もないかなーって思った。「漢字にしたらかっこよくね?」っていう子供っぽい理由で使ってただけ

誤字は見直せば分かるけど、こういうのって自分では気づきにくいので非常に便利。自分には当たり前だと思う表現が、年齢もバラバラな見る人にとっては慣れないものかもしれないからね。

検索流入にも役立つ?

個人的には、「秘訣」を「コツ」に言い換えてくれたのが良かった!

秘訣というと真面目でガチすぎる印象があるから、親しみある表現が良いね。

↑の記事は人間関係について書いた記事なんだけど、検索で来る場合

多分「人間関係 秘訣」じゃなくて「人間関係 コツ」でググるよね。

とすると、簡単な表現に言い換えるのはSEO的にも良いんじゃないだろうか。

「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)

「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)