読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者youtuberとヒカキンの商品レビューの5つの違い


激辛モノが食べたくてネットを探していたらココに辿り着いた。おはごです。

ヒカキンに憧れてyoutuberを始める若者は多い。この動画を見てから他の商品レビュー動画を見てみた。そこで思ったのは

「やっぱヒカキンってすげーな」ということだ。たった6分半の動画なのに、youtuberにわかの自分でも分かる違いが溢れていた。

ヒカキンにできて、初心者youtuberにできていないこと

  1. 話し方がしっかりしている
  2. 常に商品を目立たせている
  3. カットを上手く使っている
  4. 無言を作らない
  5. ギャグを入れている

1.話し方がしっかりしている。

ヒカキンは喋りが上手く、ハキハキしていて分かりやすい。

冒頭を見るだけで「この動画のテーマは何?」というのが分かる。

初心者youtuberを数人視聴してみたので、冒頭の言葉を比較してみる。

初心者youtuberA

はい、今日はですね。えーっと、まぁ、コンビニに行ってですね。(ガサガサと商品を袋から取り出す) このー、、○○というものをですね、食べてみたいと思います。なんでこれを食べようと思ったかは~(以下略

ヒカキン

本日はですね。youtubeのコメントにTwitterで山ほど以前からリクエストを頂いていましたので、激辛チャレンジでございます。それがこちら。(ここで商品紹介)「カップ焼そばに激辛スパイス入れすぎた件」

単純に話し方一つをとっても、ヒカキンには「まぁ」や「えーと」などの有声休
*1が殆ど無いたったこれだけで何十倍も伝わりやすくなっている

「えーと」と言ってしまう癖がある人は「はい」から始めることをオススメする。*2

また、「何を食べるか」「何でそれなのか」といった「用件」が簡潔だ。

何故:ファンからリクエストを頂いたから

何を:カップ焼そばに激辛スパイス入れすぎた件 というのが開始30秒以内に分かる。

youtuberというと面白いコンテンツが重要視されると思われがちだが、何よりも重要なのは、自分が作った動画が「相手に伝わるか」ということだ。

面接と同じで、「結局何が言いたいの?」と思われてしまえばお客さん(視聴者)は即バックしていく。

2.常に商品を目立たせている

動画20秒を見てほしい。焼きそばをカメラに近づけ、自分より大きく見せている

f:id:hagoromox:20150318165126p:plain

f:id:hagoromox:20150318170122p:plain

動画の主役はヒカキンだが、彼は常に自分より商品を目立たせている

f:id:hagoromox:20150318165045p:plain

細かい部分だが、焼きそばに目線を合わせている。ヒカキン自身が商品を見ることによって、視聴者の目線をヒカキン→焼きそばに移している

f:id:hagoromox:20150318165423p:plain

商品に指をさし、「こっちに注目してね」という視線誘導をしている

 

3.カットを上手く使っている。

初心者youtuberを10人ほど視聴したが、ほぼ全てが「全編垂れ流し」している。

レビューは長ければ長いほど良いということはない。どれだけ簡潔に、分かりやすく、インパクトあるかが大切である。ダラダラ話すことは動画の魅力を半減してしまう。必要でない部分はカットする心意気が必要だ。

動画だと、1:39で焼きそばにお湯を入れるシーンをカットしている。

4.無言を作らない。

初心者youtuberに多いが、商品を袋から取り出したり、ソースをかけている時などに無言になることが多い。そういったシーンにも何でも良いのでコメントすることで視聴者を飽きさせない工夫が必要だ。

動画1:06を見てほしい。焼きそばのパッケージを開けつつも喋りを止めていない。

最近ね辛いお菓子とか食べてきましたけど、そこまで、辛いもの、あんま出会ってないんでね。今日は、それを遥かに越えてきてくれるんじゃないかと。ハードルをね。

 5.ギャグを入れている

youtuberの個性の発揮どころ。

f:id:hagoromox:20150318172634p:plain

焼きそばにお湯を入れて3分待つシーンをカットし、妖怪体操を歌うヒカキン。

これが面白いかどうかは別として、「あ、この人いいな!」と思ってもらうために必要な個性である。持ちネタが無い人は、大げさなリアクションでも良いので積極的にやっていってほしい。

最初は受け入れられなくても、徐々に慣れてくる人も出てくる。根気強く続けることが大切だ。

僕の仕事は YouTube

僕の仕事は YouTube