読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良くも悪くも真面目な社会になってしまった

考えたこと 心に関するモノ

現代は良くも悪くも真面目な社会になったと思う。

大多数が害悪だとか・言葉にならない嫌悪感を感じたら、それに対して容赦しない。

ターゲットが降伏するまで攻撃を止めない。よしんば降伏したとしても、謝罪の言葉が気に食わなければ更に攻撃はエスカレートする。

テレビ

とある有名タレントのブログが炎上していた。とあるバラエティ番組での彼女の態度が、視聴者の想定していなかったものだったらしい。

このニュースを見たとき、「怒ってる人たちはなんて真面目なんだろう」と思った。

きっと彼らは「この番組が面白くなるにはこうあるべき」を熟知しているんだろう。

だから、それに至るプロセスを邪魔するものにイラッとしてしまう。

「  自分だけドロップアウトしてお金を毟り取るなんて何事だ!

    (番組的には最後まで必死に逃げ続けるのが面白いんだろ!)  」

TV業界の人間以上に番組のことを考えている。

「タレントの行動は自分の意志であり、賞金も本当に貰えている」ということから疑ってみる真面目さも必要かもしれない。

アニメ

別の場所に目をやってみると、真面目はアニメにまで侵食してしまっている。

とある男性の喫煙シーンが修正されて見えなくなっている。本人が未成年だかららしい。

鍛えた拳と特殊能力で悪をなぎ倒すブラックヒーローであり、風貌も男らしい。

きっと憧れる少年も多いことだろう。だからだろうか、

「あの青年に憧れてタバコを吸い始める未成年」が増えることを心配しているんだろう。

本当に真面目だ。フィクション作品が現実に与える影響を心から信じている。

真面目な人にとっては、知識不足は見過ごせない。

弓矢の構え、トランペットの吹き方、包丁さばき、細かい部分を見過ごせない。

「おかしくね?」と思う視聴者が火をつけ

「昔やってた私からしてもおかしい」という経験者が便乗し、

「本来のスタイルはこう。だから合ってる」という専門家がしのぎを削る。

 

真面目すぎないか、誰も気にしなければ、誰も不幸にならないというのに。

そんなにパーフェクトがお好き?

各々が持っている「自分の中の完璧」を目指すのは構わない。

完璧を求めるのは、自分の成長にとっても大切なことだと思う。

 

ただ、現代はそうじゃない。「自分の中の完璧」がパワーを持つようになった。

ネットによって、「自分の中の完璧」が集まって「集団の中の完璧」に変わった。

力を持った完璧は意志を持ってターゲットをつぶしにかかる。こうなると周りが見えなくなって、自分のやっていることが真っ当なことだと思ってしまう。

 

他人にまで完璧を求める社会は真面目すぎる。

ミスもできない、油断もできない、常に周りを意識しないといけない。

そんなの疲れるだけじゃないか。 松田さんの言葉が耳に染みる。

 f:id:hagoromox:20150322132856j:plain

 

ゆってぃ ちっちゃい事は気にするな ~ワカチコTOUR2009~ [DVD]

ゆってぃ ちっちゃい事は気にするな ~ワカチコTOUR2009~ [DVD]

 

 

こちらもどうぞ