読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bleachの巻頭ポエムは最近の方がオサレじゃない?

bleach最高!(唐突)
独特なセンスと少年心を刺激する作風で、多方面からネタ評価されている漫画、それがブリーチ。

 この作品の楽しみ方の一つに「ポエム」があります。表紙に描かれているキャラクターの信念やキャラクター性を表したポエムが、作者の独特なセンスと相まって高い人気を誇っています。僕も毎回楽しみにしてます。 

代表例

錆びつけば 二度と突き立てられず
掴み損なえば我が身を裂く
そう 誇りとは
刃に似ている

BLEACH  8 (ジャンプ・コミックス)

BLEACH 8 (ジャンプ・コミックス)

 

 主人公の扱う剣、残月(のおっさん)のキャラクターポエム。強大すぎる敵を前にして苦悩する主人公に語っているようですね。久保帯人師匠のポエム集の中でも比較的分かりやすいので、ネット上でもかなり人気の高い部類だと思う。

最近のも良いぞ!

この漫画もワンピースやNARUTOのごとく長期連載しており、今では69巻までも続いている。一部だと「そろそろ師匠のポエムもマンネリ化してきたな」という声が聞こえるけど、最近のも結構オサレでかっこいい。

54巻 朽木ルキア

変わらぬものは 心だと
言えるのならば それが強さ

THE 正統派! 久保帯人師匠には珍しく王道なクサさを感じる。主人公を支えるヒロインらしい台詞でかっこいい。

BLEACH 54 (ジャンプコミックス)

BLEACH 54 (ジャンプコミックス)

 

64巻 グレミィ・トゥミュー

美しさとは、

そこに何もないこと

なるほどわからん。この子はイメージしたことを現実にする能力を持っているので、「現実より想像の方が美しく見える」ということだろーか?

BLEACH 64 (ジャンプコミックス)

BLEACH 64 (ジャンプコミックス)

 

62巻 狛村左陣

己の生に 抗い続ける

己の心に 牙ある限り

力を得る代わりに死ぬという禁忌を犯してまで、仲間と誇りを守ろうとした男。これもまた正統派でかっこいい。

BLEACH 62 (ジャンプコミックス)

BLEACH 62 (ジャンプコミックス)

 

 その中でも、初見でびびっときたものがこれ

55巻 ユーハバッハ

一歩踏み出す 二度と戻れぬ
三千世界の 血の海へ

これ大好きです。123で韻を踏みつつ、このオッサン(本作のラスボス)が、宿敵の死神を打ち倒そうと強襲する、ブリーチ最終章の内容をまさに一言で表しています。

BLEACH 55 (ジャンプコミックス)

BLEACH 55 (ジャンプコミックス)

 

 

ブリーチ知ってるけど読んでない!という方は、是非ポエムの部分にも注目してみてくださいな