昨日の夕方に見た幽霊を冷静に分析してみた

幽霊見ました。
もうなんというか、「出、出た~~~~!」というリアクションは起こらず、
「あれ?幽霊ってもしかして・・・」と考えて今に至ります。

 7:00~ 夜勤から帰宅

9/4の夕方から9/5の早朝まで、久しぶりの夜勤のバイトから帰宅。
慣れない夜勤と肉体労働のせいで疲労感は最高潮。

7:00~12:00 睡眠1回目 

帰宅後即ベッドINし、死んだように眠る。

12:00~13:00 ブランチ

起きたら昼になってて少しショック。
お腹が減ったので、用意してあった朝ごはんと買ってきたペヤング激辛を食べる。

【辛さ★★★★★】夜勤明け帰宅後に食べる激辛ペヤングwithデスソースは目覚まし時計

14:00~17:00 睡眠2回目

ブランチを終え、ネットを開いてはてブを見たりして休憩。
が、飯を食べたのと夜勤の疲労感が相まって、また睡眠欲が出てきたzzzz

17:00    金縛り発生

3時間ほど二度寝をし、目を覚ますが疲労感おさまらず。
寝すぎたせいか逆に疲れがたまるパターンですね。
金縛りが起こる。「またか~」と思いつつ治まるまで待つことに。

17:00    幽霊あらわる

「そろそろ終わるかな~」と思いつつ、左向きに寝ていた体を起こそうとする。
すると、右の方で何か黒っぽい物体が見える。 何かいた。

「!?」

片目が隠れるほどの黒い長髪の女性(?)がちょうど僕に乗っかっていた。

そして「キェヒヒ」と笑ったような声を出し、意識が戻った時には消えてました。

見た目はHUNTER×HUNTERのコルトピみたいなやつでした。
首から下は体勢的に見えなかった。

f:id:hagoromox:20150906132426j:plain ←これ

「あ、これ幽霊じゃないな」と確信した瞬間

コルトピ*1を見た瞬間、僕の中である確信が浮かんできました。
「これ幽霊じゃなくて幻影なんじゃ」

目の前に一瞬だけいた、あの幽霊がどうしても幽霊とは思えなかった。だって、

「そんなベッタベタな幽霊がいてたまるか!」と。

貞子バリの目を覆うほどの長髪で、フィクションにしか存在しない異形の化け物しかも「キェヒヒ」というそれっぽい鳴き声

「そんな幽霊、テレビでしか見たことないよ」と思ったからです。

ただコルトピが見えたのは事実なので、あのコルトピは何だったんだ?と考えた。
そして、一つの結論にたどり着きました。

幽霊の 正体見たり 疲労感

極限まで溜まった疲労感が金縛りとなって、幻影を見た。と考えるのが自然な気がします。
睡眠は記憶の整理とも言うし、僕の記憶の中にあるイメージが見えていたんだと思います。

例の幽霊が「いかにも」なステレオタイプな見た目をしていたのも、自分の頭にある「ぼくのかんがえたお化け」のイメージだったんでしょう。

「疲労感で幻影を見る」という話は↑のまとめが分かりやすいです。

終わりに

大人になってから始めて幽霊?なるモノに遭遇しましたが、いかにもな見た目だったので、逆に人の脳の凄さを実感する結果になりました。

うちの母は霊が見える体質ですが、体が弱くすぐ疲労が溜まる体質でもあるので、まぁそういうことなんだなぁと思います。

ただ、僕は幽霊否定派ってわけではないです。いるかもしれないけど、
「大抵の幽霊目撃エピソードは脳の問題だと思う」派です。
「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」 先人の言っていたことは正しかった。

以上、僕が疲労感からコルトピの幻影を具現化した実話でした。
ん? コルトピ、幻影、具現化・・・?

HUNTER×HUNTERは旅団編が一番好きです。

HUNTER X HUNTER 8 (ジャンプ・コミックス)

HUNTER X HUNTER 8 (ジャンプ・コミックス)