読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今さらロマンシングサガをプレイし直す

誇り被ったスーファミを取り出し、おそらく人生で一番プレイしたであろうRPGをやり直す。

 僕の中でクロノトリガーと肩を並べるほどの名作です。

ロマンシング サ・ガ

ロマンシング サ・ガ

 

簡単なあらすじ

悪い神が暴れまわる→神の力を得た人間が封印→凄い時が経つ→主人公の時代、悪い神が復活しそう→なんやかんやして止めよう

今でこそ珍しいフリーシナリオ

このゲームの最大の特徴はまさしくフリーシナリオにある。必ず通らなきゃならないストーリーが無く、基本的に好きな風に進めて良い。

というのはこのゲーム、次の展開に進むいわゆる「フラグ」が戦闘回数で決まる。早い話1000回戦闘すればラストダンジョンに行ける。なにこれ凄い。

敵の強さも戦闘回数で決まるので、どこへ行ってもハラハラなバトルが楽しめる。

良い意味での適当っぷり

「あれー次どこいけば良いんだ?」と悩むことがなく、とりあえず適当にダンジョンを探索して戦闘回数を重ねておけばなんとかなってしまう。

開発者から「好きにしてええで」と言わんばかりの自由っぷりが新鮮。

開発者の苦悩もよくわかって面白い。
男主人公が女主人公の口調になってたり、「占い師」が「占いし」になったりと容量の削減に苦労してる部分がたくさんある。

 

戦闘回数は現在800近くで、そろそろラストダンジョンが開かれるだろう。

童心に帰って最強装備をしっかり整えて倒します。