SHIELDsの学生は履歴書に「趣味:運動」って書くの?

SHIELDsの学生たちは楽しそうで羨ましい。やってる内容はともかくとして

なんかこう、大学生らしいキャンパスライフを送ってるように見える。

あれを一つのサークルとして考えてみよう。例えば、英語サークル。
代表が主導して、構内でスピーチ大会を企画しますね。皆それに向けて練習する。

「今日は○○までステップアップしました! 本番まであと少し!」(写真パシャー

Twitterに大会告知垢を作り、写メって宣伝。

スピーチ大会終了後、会場を出て近くの焼肉屋で宴会。(オツカレーッス
たまたま矛先が国会議事堂に向いただけで、その実態はテンプレートな大学生像に違いないはず。こう考えるとと凄い健全に見える。

就職活動

そんな話は置いといて。
政治より景気に関心が強い自分にとって、あの団体のニュースを見るたび「メンバーって就活どうするんだろう」と思ってしまいます。
本音を言うと、全国の大学生にとって声に出して叫びたいのは、安保理でも戦争でもなく労働基準法とか就職協定のことなんじゃないかなって。

メンバーの中には3年生もいるだろうし、そろそろハチ公前からハロワに移る人も出てくるはず。もうその頃には、戦争で死ぬより仕事が無くて死ぬ方の焦りが強くなってるかもしれない。白いプラカードは黒いスーツケースに変わって足取りも重くなる。

履歴書

ところで履歴書って趣味・特技の欄がありますよね。あれ毎回書くこと無くて悩んでしまいます。1つのスポーツにのめり込んできたわけでもないし、手品やモノマネのような特技もないので、下手な自己PRより悩んでしまう。

ただ、その点SHIELDsの学生は「趣味,特技:運動」と書けそうなので羨ましい。

SHIELDsの中には顔と本名バレした人も多く、面接官に「あれ?君デモしてた?」と聞かれることも将来的にはある。その時は「いや・・」と誤魔化すんじゃなく、

「はい、ですので趣味は運動です!」と笑顔で言えばウケること間違いなしだ。

 

働くことと生きること (集英社文庫)

働くことと生きること (集英社文庫)

 

 

※この記事は偏見に満ちています。