読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥のうんちシールで自転車盗難防止! ヴィレヴァンの発想が素晴らしい

ヴィレヴァンから新しく発売される商品に素直に凄いと思った。

こういう発想が出来るようになりたい。

鳥のうんちシール / あなたの自転車を守ります。 / ヴィレヴァン通販

その商品は至ってシンプルで、鳥の糞を模したシールというだけ。

写真を見て思ったのが、かなりクオリティが高い。本当に糞っぽい

f:id:hagoromox:20150403112853p:plain

もし、自分の自転車のサドルに鳥の糞が付いていたら、どう思うでしょうか?

きっと誰もが嫌な気持ちになります。それは、自転車を盗もうと考える人も同じです。鳥の糞の付いた自転車をわざわざ選び盗もうと考える人は居ません。

鳥のうんちシールは、鳥の糞の形をしたステッカーであり、鳥の糞は汚いといった人の共通認識を利用した自転車盗難防止グッズになります。

使い方は、自転車を駐輪する際、サドルに“鳥のうんちシール”を貼付けるだけ、これだけであなたの自転車は守られます。また、貼って剥がせる素材でできているので何度も使用することができます。

確かに、こんなのがサドルについてたら敬遠するよなぁ・・・

ちょっとした発想の転換がすごい

世にある「防止グッズ」というのは、その名のとおり何かを防止、予防するためのものだ。ただ、それらの防犯グッズには共通の問題がある。

それは「させない」という視点だけで、「したくない」という根本の部分に影響を与えれていないという部分だ。

この鳥の糞シールの凄いところは、そもそもの「盗みたい」というインセンティブを極限まで0にしてくれることだ。

「させない」より「したくなくなる」が重要

防犯に大切なのは、人の行動の根本となるインセンティブを抑えることだ

 セールスマンに訪問してほしくなければ、「セールスお断り」の代わりに「大型犬注意」の張り紙をつけよう。

こういう発想がこれからの防犯グッズ、ひいてはルール作りに重要だと思う。

 

発想法の使い方 (日経文庫)

発想法の使い方 (日経文庫)